M字型の薄毛の場合の対策法とは?

男性の薄毛の中で、少なくないのがいわゆるM字型の薄毛です。
ジヒドロテストロステロンには、毛根のところにある毛包というものを委縮させる働きがあるとされています。
ということは、M字タイプの薄毛対策には、ジヒドロテストロステロンが極力生成されないようにすることがとても大切なのです。
ジヒドロテストロステロンの生成を阻害するものとして、育毛剤があります。
最近販売されている育毛剤の中には、ジヒドロテストロステロンを生成するもとになる酵素の働きを抑制する効果のある成分が配合されているものも、数多く販売されています。
後頭部や側頭部の毛包というのは、ジヒドロテストロステロンの影響を受けることがないといわれています。
ですから、そこから植毛をすると、ジヒドロテストロステロンが多く生成されても、再びM字型の薄毛になることがなくなります。
AGA遺伝子検査【検体採取後から書類記載までの手順を紹介】