髪に優しいって嘘?口コミと評判はどう?

あなたは、ホーユーのヘアカラーを使ったことはありますか? いろいろなメーカーが開発、販売しているヘアカラーですよね。
その中でも、特に「ヘアカラーリング剤」に対して情熱を注いでいる会社が「ホーユー」になるのです。
なんといっても「ヘアカラーのホーユー」と、自ら銘打っていることからも、それは明らかになりますね。
このホーユーに、化粧品メーカーという印象を持っている人は、あまりいないと思います。
厳密にいえば、頭髪化粧品メーカーといえますが、基本的にはヘアカラー専門メーカーに限りなく近い会社なのです。
その他の大衆薬も製造していて、医薬品メーカーという方が、より正確なのかもしれません。
しかし、「ヘアカラーのホーユー」という言葉の通りに、取り扱っている商品のほとんどは、ヘアカラーリング剤なのです。
その歴史は、かなり古くて、前身となった「水野甘苦堂」が創業したのは、1905年のことです。
その後、1921年に白髪染め「元禄」という商品を発売して、大ヒットを記録しました。
現在では、たくさんのブランドを抱える大メーカーで、特に「Bigen(ビゲン)」は、たくさんの人が聞いたことのあるブランド名ではないでしょうか。
1971年に販売を開始した「ビゲンヘアカラー」は、かなりの大ヒット商品で、現在もブランド共々、ホーユーの代名詞的存在になっていますよね。
髪に優しいって嘘?傷めずに染める方法は?【団子の結論】