火災保険で雨漏りも直すことが出来る?

天井から雨漏りがし始めた、そんな時に火災保険を使って直そうと考える方もおられるかもしれません。
しかしその場合注意が必要です。
雨漏りは基本的には火災保険で直すことができないからです。
通常火災保険が適用となるのは、火事の他には台風や竜巻といった自然災害です。
したがってこれらの台風、竜巻といった事象によって、屋根が破損してしまい雨漏りが起こってしまった、というのであれば火災保険の補償対象となるのですが、老朽化によって起きた雨漏りは補償対象外なのです。
また地震によって屋根に亀裂が入るなどして、雨漏りが起きてしまった場合も、火災保険の範疇には含まれませんので、やはり補償がなされないのです。
原則的には雨漏りを保険で直すことはかなり難しいと思っておきましょう。